染料インクと顔料インク


カキモリのインクは万年筆用の水性顔料インクですが、万年筆用のインクには染料インクと顔料インクがあります。

上)水性顔料インク  下)水性染料インク

●染料インク
・発色に優れ、水に溶けるためメンテナンスが容易
・退色しやすく、水で滲みやすい

●顔料インク
・インクが乾いた後は、耐水性・耐光性がある
・インクが固まりやすいため、ペン先が詰まらないよう注意が必要

カキモリは「詰まりやすい」「乾いたら洗浄しづらい」などデメリットがあった顔料インクにあえて挑戦し、顔料絵具のプロである「ターナー色彩株式会社」と、「詰まりづらい、混ぜられる万年筆用水性顔料インク」を開発しました。


少しくらいの水でもインクがにじまず、手紙の宛名書きでも問題ありません。乾いたら定着するので、線を描いた上から水彩絵の具で着彩をすることもできます。一般的に書いた文字などが、染料インクよりも長く保たれます。もちろん、暗所に保管した方が長い間保たれます。

関連するガイド