2011年に誕生したイギリス・マンチェスターのステーショナリブランドAJOTO

Chrisがつくるボールペンやステーショナリーは、本当に妥協がなく、彼がつくりたいもの、つくるべきだと思うのものを全てのパーツ、パッケージにいたるまで信念が貫いています。



カキモリで取り扱っているパリのステーショナリーブランドPapie Tigreの東京店でAJOTOのイベントがあり、ご招待いただきました。
正直、AJOTOの事を知らずに訪れたのですが、Chris本人からプロダクトへ対するこだわりを直接聞いたところ、その場ですぐにカキモリでもその思いを広めたい、と思い取り扱いを打診して、今回皆さまへお届けできる事になりました。

彼のこだわりは書き始めたらキリがなくなりますが、主に下記3点となります。
早口のBritish Englishでしたのである程度しか聞き取れなかったのですが、何が伝えたいかはよくわかりました。
AJOTOのWebサイトも見ながら補足しつつ私なりにまとめました。





・使い続けること Timeless tools
モノに愛着を持ち使い続けること。
それに値するデザイン、機能、精度、そして作り手の思いを持ち合わせたプロダクトを作っています。
AJOTOのボールペンは、これまで数知れずみてきたボールペンの中でも際立って美しいと思いました。
それはChrisがペンのバランスや機能性を追い求め、シンプルの極みにたどりついた結果だと思います。
使い続けることができる素材を選び、加工するパートナーも厳選し、パーツ一つ一つに意味があり他に見たことがないような構造になっています。





・制作に関わった人、地域を尊重する  Celebrate the people and places
マンチェスター、UKで生まれ育ったことに誇りをもち、地域に息づくものづくりや素材を極力活かしています。
「Made in the UK」パーツに掘られた文字から、その誇りを感じます。

・サスティナブルであること Sustainabile
彼にとっては、もはや敢えて書く必要もないほど大前提である、という感じでした。
ペンは使い続けることがサスティナブルだし、もちろん素材自体も環境負荷の少ない鉛フリーの真鍮や、アレルギー性の低い医療用ステンレス、主成分が生ゴムのエボナイトなどを選んでいます。
また、パッケージにまで信念は貫かれ、リサイクルされたコルクで作られたパッケージはそのままペン置きとしても使えるようになっています。






素材からの削り出しのため、ハンドメイドであり大量生産が出来ない一方で、彼のこだわりや信念に共感する人が増え、品切れの商品が多くなっています。
今回はまずは下記のラインナップを用意いたしましたので、是非店頭でお手にとって、感じて頂きたく思います。

素材:エボナイト(EBONITE)
価格:上から、BLOSSOM/36,300円、TIGER BLUE/36,300円、SAND/30,800円、INDIGO/30,800円(すべて税込)



素材:ステンレス(STAINLESS STEEL)
価格:NATURAL BRUSHED/28,600円(税込)



素材:アルミ(ALUMINIUM)
価格:上から、ASTRONOMICAL LIGHT/39,600円、NORTHERN COAL/25,080円、NATURAL BRUSHED/24,200円(すべて税込)



素材:真鍮(BRASS)
価格:上から、CLASSIC/24,200円、NATURAL BRUSHED/26,400円(すべて税込)



ケース 素材:牛革
価格:5,940円(税込)








カキモリ 広瀬


AJOTO

発売日:カキモリ 店頭、オンラインストアにて販売中
価格:24,200円〜
販売場所:カキモリ、オンラインストア
オンラインストア 商品ページへ
kakimori.onlinestore@bungu.co.jp )

Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone