〈出張イベント 11/24 sun.〉
「コーヒーと、書きもの」by カキモリ × ブルーボトルコーヒー

楽しく書くきっかけができれば、という想いから始めたお手紙のワークショップ。
今回はブルーボトルコーヒーの中目黒カフェで開催します。



この冬、ブルーボトルコーヒーとカキモリ・インクスタンドがコラボレーションし「Holiday Collection」のオリジナルノートやインクを作りました。
ワークショップでもHoliday Collectionのインクをご覧いただけます。
ぜひお試しください。

また、神戸カフェでは「旅するインクスタンド」も開催します。
関西にお住まいの方や神戸に行かれる機会がございましたら是非お越しください。

自分の文字を急に変えることは難しいけれど、ちょっとしたポイントに気をつけると綺麗にみえる手紙の書き方、万年筆の使い方をスタッフがお伝えします。
日頃気になっている文字やお手紙など書くに関すること、ご相談ください。

お手紙を書きたいけど、なかなか書くきっかけがない方、これからもっとお手紙を書きたい方。
美味しいコーヒーを飲みながら、いつもの生活から離れて少しだけ立ち止まり、自分の気持ちを紙に落としてみませんか。



【ワークショップ概要】

●ワークショップ名
「コーヒーと、書きもの」by カキモリ × ブルーボトルコーヒー

●内容
・カキモリ、inkstandの紹介
(お店のこと、蔵前のこと)

ーインクのこと
・手紙とインクの色
・好きなインクの色と出会う、選ぶ
(「Happy holiday!」をイメージしたinkstandの数種類のインクから、お好きな一色をお選びください。)

ー万年筆の使い方
・インクの入れ方
・メンテナンスなど

ーきれいなお手紙を書くコツ
・文字を書く前に…(ペンの持ち方、姿勢など)
・お手紙の書き方 基礎知識
・きれいなお手紙を書くポイント(縦書き、横書き)
・きれいな文字に見える書き方

ーフリータイム
まずは自由に書いて万年筆に慣れながら、気になる文字のワンポイント、お手紙の書き方で聞きたいことなど「書く」に関すること、ご質問ください。

ーお手紙を書く
言葉では伝えられなかった気持ちや、自分自身と向き合い、感じた言葉を書き綴ってください。



●場所
ブルーボトルコーヒー中目黒カフェ 地下スペース
住所:東京都目黒区中目黒3-23-16

●日時
11月24日(日)
➀11:00-12:30 10名
➁14:00-15:30 10名
※受付は5分前より開始いたします。
※10分程度前後する場合がございます。

●参加費
3,200円(税込3,520円)
※お手紙セット、コーヒー1杯付き

●その他
お手紙セット(お持ち帰りいただけるもの)
・インク(inkstand collection -Happy holiday- )1本
・カキモリ 便箋 5枚
・カキモリ 封筒 2枚
※イベントで使う万年筆はお貸しいたします。

コーヒーは以下からお選びいただけます。
・ドリップコーヒー(ブレンド)
・カプチーノ
・コールドブリューアイスコーヒー
・ニューオリンズ(ミルクアイスコーヒー)
・りんごジュース

【ご予約フォーム】
ご予約は、WEBより先着順にてチケットをご購入いただき、受付となります。
こちらからご予約ください。

●キャンセルについて
イベントチケット購入後から日程の変更・ 返金はお受付できません。
必ず事前にご都合を確認の上、お申込みください。

●お問い合わせ先
【イベント内容について】
カキモリ TEL : 050-1744-8546
MAIL : kakimori.kuramae@bungu.co.jp

※チケット、お支払いに関するお問い合わせ
Peatixよりダイレクトメッセージにてお問い合わせください。



カキモリ  白石
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2019-10-30 15:03 | お知らせ, 前略カキモリより, イベント情報

〈お知らせ〉BLUE BOTTLE COFFEE × カキモリ Holiday Gift Collection

皆さまに是非お届けしたい商品が出来上がりました。

ブルーボトルコーヒーとカキモリ・インクスタンドがコラボレートし、オリジナルノートとインクを作りました。このアイテムは、毎年ブルーボトルコーヒーがホリデーシーズンに特別な商品を開発しお届けするBLUE BOTTLE COFFEE Holiday Gift Collection のラインナップとして、この冬数量限定で発売され、ブルーボトルコーヒーのカフェとオンラインストアでしか手に入らない商品になります。

正直にお伝えするとブルーボトルコーヒーのプロダクトへ対するこだわりには驚きました。特にノートの方は、こだわりを実現するのに随分手間と時間がかかりましたが、その分とても良いものになったと思います。









●ブルーボトルコーヒー オリジナルノート

徳島で藍染めを、原料となる藍の栽培から、染色、デザイン、製作まで一貫して取り組むBUAISOU
2015年に藍の本場の徳島県で藍に魅せられた2人の若者がはじめた藍染めは、瞬く間に国内外にファンを増やし、海外からも多くの人が彼らのワークショップや工房に訪れ、そのこだわりに魅了されています。

私達もその一人。



ブルーボトルコーヒーが販売するトートバックの藍染めをBUAISOUが行っていたのを知り、前から勝手にあこがれていたBUAISOUに近づくチャンスだと思い、3社がコラボレートするノートを提案したのをきっかけに実現しました。

この1冊が出来上がるまでに、とても多くの人が関わっています。

ここでは書ききれないので、ノートが出来上がる経緯はこちらをご覧ください。
たのしく書く人からの手紙
「藍染めノート -BLUE BOTTLE COFFEE × BUAISOU × カキモリ-」


2019年11月1日にブルーボトルコーヒーの店舗およびオンラインストアにて数量限定販売です。
販売に関する詳細は随時アップいたします。

●ブルーボトルコーヒー オリジナルインク

ブルーボトルコーヒーのブランドカラーのブルーとグレー。
決められた色に近づけてインクをつくることは私達にとってはさほど難しくないのですが、色選びも数十色の提案から紙の発色まで考え抜かれて選ばれた色です。





ブルーボトルコーヒーは箱の紙選びから、中の説明書の紙までこだわって選び、さらにインクのラベルも、ブランドカラーに合わせるため、微妙な色のブレも緻密に調整し、印刷にもこだわりました。

モノへ愛着が湧くかどうかというのは、もしかしたらこういう細部のこだわりなのかもしれないですね。
私達にとっても嬉しかったのが、実際にブルーボトルコーヒーのスタッフの方々が自分のオリジナルインクづくりを体験しにインクスタンドに来てくれたこと。
実際に体験することで、色やインクのたのしさ、書くたのしさを実感してくれました。
出来上がったインクは、テストも踏まえて毎日使ってみましたが、ブルーに染まっていくノートもいいものです。
グレーも赤系でも青系でもない、グレー。意外とありそうで無い色で、黒の代わりに使うと少しやさしいイメージになります。



本商品に関するお問い合わせはブルーボトルコーヒーまでお願いいたします。
BLUE BOTTLE COFFEE Holiday Gift Collection



●イベント

商品の販売にあたり、カキモリがBLUE BOTTLE COFFEE 中目黒カフェへ、インクスタンドが神戸カフェへ出張イベントでお伺いします。

インクスタンドは久しぶりに関西圏でのオーダーインク出張。11/16(土)-17(日)の2日間限定の開催。詳細はこちら
カキモリは今回のオリジナル色も使える手紙のワークショップ。11/24(日)の1日限定で開催します。詳細はこちら
とてもたのしいイベントになりそうで、今からわくわくしています。

いつの間にか冬の足音が聞こえ始め、巷の店舗でもクリスマスモードにもなり始めていますね。
みなさまもぜひ、おたのしみに。

カキモリ広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2019-10-22 17:51 | お知らせ, 前略カキモリより

〈イベント 11/8 fri.〉Tokyobike Rentals @kakimori 下町の職人ツアー

【11/6 追記:こちらのイベントは満席となりました。】


9月よりカキモリでスタートしたトーキョーバイクのレンタサイクル。
秋になり、自転車で走ると気持ちの良い季節になりました。
今回は、トーキョーバイクの自転車を使って、初めてのツアーを開催します。

お店ではお伝えしきれない、職人さんとのものづくりのお話。 カキモリが大事にしている、「下町の職人の仕事を残していくこと」。そのために私たちは何ができるのか、日々試行錯誤しています。
店舗の壁面には、職人さんの写真を飾らせてもらったり、自分たちで取材をして仕事や人をご紹介したり(たのしく書く人からの手紙)。
今回は、実際に皆さんにものづくりの現場を見て、知って、感じていただけたらという思いで、「下町の職人ツアー」を開催することになりました。
カキモリの商品に関わる職人の工場を、自転車で巡りながらご案内します。

カキモリがある台東区は、昔から職人が多い街でもあります。
店内でスタッフが仕上げるオーダーノートの表紙や留め具、中紙は、職人によって作られています。
会長のしごと姿


もともと手帳の産地であったこの地域には、ものづくりの技術が息づいています。 小ロットで質の良いものが作れる、それはこの地域の職人さんならではの強みでもあります。 そんな職人さんたちが、すぐ近くにいる街だったからこそ、カキモリはここにお店を構えました。


普段は見ることのできない工場を見学して、職人さんのお話を聞きながら、ものづくりの現場を間近で見ることができます。 当日はカキモリ代表の広瀬がアテンドをして、それぞれの工場で職人さんとのつながりや、カキモリの商品がつくられるお話をします。 途中コーヒーを飲んで、ひと休憩しましょう。

地域のものづくりの空気を、トーキョーバイクの自転車で巡って、体感してみませんか?

ご参加の方は、こちらからご予約ください。

【イベント概要】
「Tokyobike Rentals @kakimori 下町の職人ツアー

●日時
2019年11月8日(金)
・13:00-16:00

●参加人数
最大4名

●参加費
¥3,000(税込)

●お土産
トーキョーバイクサコッシュ

●ご予約
こちらからご予約ください。先着順となります。
ご予約締め切り:11月6日(水) 午後10時まで

●集合場所
カキモリ

【イベントスケジュール】
・13:00 – 13:30 集合受付- 自転車フィッティング等
・13:30 – 13:40 カキモリ広瀬より カキモリのご紹介
・13:40 – 15:30 職人の工場を巡る
・15:30 – 16:00 コーヒーで一息
・16:00 解散

【注意事項・参加要項】
・普段着で巡るライドイベントですが、ワイドパンツやスカートはチェーンに絡まる恐れがあるのでご遠慮ください。
・ヘルメットが必要な方は事前にお伝えください。
・イベントの中で昼食は出ませんので、事前に食べて来ることをおすすめいたします。
・イベントの中でかかる飲食費用はツアー費の中に含まれておりません。予めご了承ください。
・イベントの時間は状況により前後する場合があります。
・キャンセル締め切り(11月6日(水) 午後10時)を過ぎてのキャンセルはご遠慮ください。
・レンタルでご用意する自転車には全て損害賠償の保険が付帯しておりますが、お客様自身の怪我などは自己責任となりますので予めご了承ください。
・、雨天の場合は事前にイベント中止の連絡をさせていただきます。

【お写真のお取り扱いについて】
今回のイベントでは、ご参加頂いた皆さまのお写真をレポートとしてカキモリやトーキョーバイクのwebサイトやSNSに掲載する予定です。掲載を希望されない方は当日スタッフまでお声がけください。

●イベント内容、ご予約に関するお問い合わせ
カキモリ
TEL : 050-1744-8546
MAIL : kakimori.kuramae@bungu.co.jp

【自転車に関するQ&A】
トーキョーバイク担当: 橋原
hashihara@tokyobike.com

Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2019-10-22 16:15 | お知らせ, 前略カキモリより, イベント情報

レンタサイクル始めました。Eastside Tokyoをもっとたのしく、たくさん町巡りできます。



カキモリの周りには素敵なお店や人たちがたくさん。
散策マップ「カキモリのある町」では蔵前付近のお店をご紹介してきました。
実は、歩くのには遠いけれどおすすめしたいお店はまだまだあるのです。

ディープな浅草を知れる観音裏(約10分)
最近また盛り上がってる馬喰町(約10分)
古い町並みの下町風情の谷根千(約20分)
Cafeと現代アートの清澄白河(約25分)

自転車だと「蔵前周辺+もう一つの町」も一気に巡れます。
私たちも結構遠くまで自転車で行っちゃいます。
途中で新しい発見があったり、「あの店ちょっと駅から離れてていけてなかったな」というところまで足をのばせたりします。




せっかくレンタサイクルやるなら、私たちとつながりがあり、自信をもってお勧めできるトーキョーバイクの自転車に決めました。
トーキョーバイクさんとは、カキモリが移転する時の旧店舗(現インクスタンドWITH)でPOP UP STOREを開いていただいたり、トーキョーバイクカラーのオリジナルインクを作ったり、以前からつながりがあり、愛用してるスタッフも何人もいます。



トーキョーバイクの自転車は​街や生活を楽しむためのもの。山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」だというのが名前の由来だそう。
旅する人がその土地の住人のように街を楽しみ、そこに住む人や文化をより深く知る、そのきっかけをつくっているブランドです。




遊びに行くと顏を覚えてくれているような、あたたかさを感じられるのがイースト東京のいいところです。古い町並みが残る谷中や、アートやこだわりのコーヒーが楽しめる清澄白河まで足を延ばしてみませんか?
自転車で巡るからこそ見える町の魅力を、ぜひ見つけてみてください。良いところを見つけたら、スタッフにも教えてくださいね。

●料金
1000円/3時間
1500円/1日ご利用時間:11:00~18:00
●台数
5台車種:TOKYOBIKE BISOU 26
●サイズ
S(145-165cm)、M(160cm-)
●注意事項
本人確認証が必要です

ご予約はこちら


お問い合わせ:
ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくカキモリまでご連絡ください。
TEL : 050-1744-8546
MAIL : kakimori.kuramae@bungu.co.jp


Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2019-10-21 15:35 | お知らせ, 前略カキモリより

〈店内ワークショップ 10/26 sat.-10/27sun.〉山次製紙所×カキモリ 手漉き和紙のワークショップ

【11/1 追記:こちらのイベントは終了致しました。ご来店いただいた皆様ありがとうございました。】


    10月18日から31日まで開催しているイベント「山次製紙所 ×カキモリ 手漉き和紙でできること」において山次製紙所の山下さんにお越しいただき手漉き和紙のワークショップを行います。
    山次製紙所では小間紙と呼ばれる小さめな和紙を漉きますが、それでもこの大きさ。
    ワークショップではさすがにできないので、今回はハガキサイズの和紙を作ります。
    桁(ケタ)と呼ばれる道具で原料となる楮をすくい取り、繊維を縦横に入るように漉きます。
    今回は、カキモリでやるのでカキモリらしくたのしいワークショップにしたいと思い、ちょっとかわいい端材を用意しました。



    カキモリのオーダーノートの表紙や中紙に穴あけした時の四角い端材。
    カラフルな紙を断裁した時の糸のようなカラフルな紙。
    ものづくりをしているとどうしても出てしまうけど端材。
    その中にはなんだかかわいいものがあり、少し集めてみました。
    自分で漉いた紙の上に、この端材を自由にのせて、さらにその上から和紙の原料をのせます。
    乾くとかわいい端材が閉じこめれられたハガキが出来上がります。
    最後に活版印刷機でカキモリのロゴを入れて出来上がり。

     



    サンプルを作ってみましたが、なんとなく入れた端材なのに結構いい感じになりました。
    皆さんの創造力を使ってぜひ素敵なハガキを作ってみてくださいね。


    ●イベント名
    山次製紙所×カキモリ 手漉き和紙のワークショップ
    ●ワークショップ日時
    2019年10月26日(土)、27日(日)
    ●ワークショップ価格
    550円(ハガキ2枚が出来上がります)
    ●所要時間
    約30分
    ●受付人数
    10月26日(土)
    13:00-15:00 8名
    16:00-18:00 8名
    10月27日(日)
    11:00-13:00 8名
    ●受付方法
    上記の時間にカキモリイベントスペースでスタッフへお声がけください。
    先着順となり、1回に2名までお受け可能です。埋まってる場合は店内でお待ちいだだく場合もございます。
    満席の際はお受けできませんのでご理解願います。予約はお受けしておりません。

    Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2019-10-18 19:25 | お知らせ, 前略カキモリより, イベント情報

ページトップへ戻る