カキモリ〈蔵前〉

 
 
「たのしく、書く人。」が
集う町は、
ものづくりの町。

カキモリが蔵前にオープンした2010年頃、このあたりは卸商や問屋さんが軒を連ねる「一見さんお断り」の、ビジネスの町でした。
やがて、少しずつ個性的な個人経営のお店や、小さな工房が集まるようになり、年に2回、つくり手自らがガレージショップを開く町を挙げてのお祭り「モノマチ」や、毎月最初の週末に開催される「月イチ蔵前」などを通じて、「ものづくりの町」と呼ばれるようになりました。
現在では、日本だけでなく、海外からのお客様にも広く親しまれています。
古い建物や意匠が残る町を歩けば、誰かが何かを作っている姿に出会います。是非、蔵前に遊びに来てくださいね。
お散歩の際にはお店でお配りしている「散策マップ」がお役に立ちますよ。
 
 

カキモリ 蔵前 外観イラスト
 

カキモリ〈蔵前〉(kakimori Kuramae Tokyo)
〒111-0051 台東区三筋1-6-2
【最寄り駅】
浅草線・大江戸線 蔵前駅:徒歩8分
大江戸線 新御徒町駅:徒歩9分
JR浅草橋駅:徒歩10分
tel.050-1744-8546
営業時間:12時〜19時(平日)/ 11時〜19時(土日祝)
月曜定休(祝祭日の場合はopen)
weekday 12:00–19:00 weekends & public holidays 11:00–19:00
Closed on Mondays (open on public holidays)

 
カキモリ 蔵前
 

カキモリ〈高崎〉

 
 
「書き人の町」高崎。
カキモリは、そう決めました。
高崎はカキモリにとって縁の深い町。なぜなら、代表広瀬の生まれ故郷でもあるからです。祖父は、戦後まもなく、高崎駅前に文具商「アサヒ商会」(現在は法人向け:アサヒ商会/小売:Hi-NOTEとして営業)を興しました。そのころ周辺では、金属加工業の工場が軒を連ね、日本を代表する筆記具メーカーの万年筆やボールペンを日々製造し、日本中に送り出していました。文具の製造と販売、それに携わる数多くの人々で賑わうかつての高崎は、子供時代の私にとって「文具の町」でした。
実家を訪れる度、開くことのないシャッターが増えてゆく様を見て私は、文具商の倅として、いつか高崎に店を持ち、高崎を、多くの人が書き物を楽しむ「書き人の町」にしたいと思うようになりました。
PCやスマホが中心となった現代の暮らしに、あらためて「書く楽しさ」と、「書く喜び」を、広げてゆきます。
 
カキモリ 高崎
 

カキモリ 高崎 イラストレーション  

カキモリ 高崎 (Takasaki Gunma)
〒370-0849 群馬県高崎市八島町46-1 高崎OPA 6F
tel.050-1746-9407
営業時間:10時〜21時 Open:10:00–21:00

 
カキモリ 高崎
 





inkstand by kakimori



色をつくる、出会う、
自分の色をつくるたのしみ。
一滴、また一滴。少しずつ加減をしながら、頭のなかに思い描く理想の(私自身の/大切な誰かの)色を作っていく。
インクスタンドを訪れると、「書く」の手前にも、こんなに楽しい時間があるなんて! と驚かれるかもしれません。
「書く」楽しさ、「表現する」嬉しさは、人の思いの数だけ無限に広がっています。
今日もインクスタンドでは、たくさんの色が生まれています。かけがえのない人への大切なメッセージを、あなただけの、あの人のためだけの色で彩ってください。

インクスタンドは、予約制です。以下よりご予約ください。
◎inkstand予約フォーム
 
インクスタンド 店頭写真
 
 

inkstand by kakimori
【最寄り駅】
浅草線・大江戸線 蔵前駅:徒歩3分
営業時間:12時〜19時(平日)/ 11時〜19時(土日祝) 月曜定休(祝祭日の場合はopen)
weekday 12:00–19:00 weekends & public holidays 11:00–19:00
Closed on Mondays (open on public holidays)

 
 
 
 
 
 

ページトップへ戻る