こんにちは。
夜カキモリ」がはじまる今週末からスタートする展示のお知らせです。


8月7日(火)から、越前和紙をつかったオーダーノートの表紙を数量限定で発売することになりました。
“ そもそも、越前和紙ってどんな紙? ” というところから知っていただきたいと思い、
今回、越前和紙青年部会の協力を経て、越前和紙の展示販売を行います。


福井県にある越前五箇地域は、1500年の歴史を誇る日本最大の和紙産地です。



江戸時代には品質の高さから当時の藩札に用いられ、
その後の日本の紙幣抄造技術に応用されました。

また、明治時代には海外で高い評価を受け、多くの紙が輸出されました。
現在では、美術用紙、襖紙、包装紙・パッケージ用紙などの小間紙、
酒ラベル用紙などに使われ、紙に施す多彩な表現が特徴になっています。


オーダーノートの表紙に用いた和紙は、模様が凹凸で表現されています。
B6・B5サイズともに全5色、数量限定でのご用意です。


その他、ハガキや便箋、封筒、御朱印帳など、和紙をつかった雑貨も販売する予定です。
この機会にぜひ越前和紙の魅力にふれてみてください。


■ 展示期間
  7月27日(金)~ 8月17日(金)
  ※開催期間中、毎週金曜・土曜は「夜カキモリ」のため11時~21時まで営業
  ※火曜~木曜、日曜は11時~19時

■ 越前和紙の表紙発売日
  8月7日(火)
  ※ 各色数量限定でのご用意です。



カキモリ 牧野
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone