ずっと作りたいと思っていた上製本のノート。
  
ただ、リングノートのイメージが強いカキモリとして
上製本で作るからには、自分たちも、
お客様にも納得してもらえるものにしたいと
思っていました。 
 
色んな職人や仲間に支えられ、ようやく完成しました。 
全体
 
大きさは、A5サイズのタテ型とヨコ型の2種類。
サイズ
表紙の生地に用いた麻(リネン)は、天然素材の持つ
風合いを生かすため、機械的な圧力をかけず、
精錬染色や乾燥に長い時間と手間をかけたものです。
 
写真では表現しきれませんが、その奥行きのある色や
自然な風合いは手にとれば伝わると思います。 
表紙記事
 
中紙(本文)は、「書く」ために製造された
「バンクペーパー」です。
カキモリのオーダーノートでも万年筆ユーザーの方を中心に
バンクペーパーファンが多く、個人的にも
日本が誇る筆記用紙だと認識しており採用いたしました。
 
中紙のデザインは、「書き残す」ことを
イメージしてつくりました。
タテ型はアイデア用などを想定した、
題名と日付用のみのシンプルなデザイン。
ヨコ型は、日記やレシピなどに使えるデザイン。
写真はないので、店頭にてご確認くださいね。 
 
 
そして、大事なのが製本。
 
上製本は、極力糸かがりの枚数を減らし
開きを良くしました。
一般的な糸かがりは8-10枚程度ですが、
5枚でミシンを通しております。
こういう少しずつの要望で製本屋さんは大変になるので、
納期もコストも余分にかかりましたが、仕上がりは
良くなりました。
上製本
  
表紙用の芯材にはあえて薄めのボール紙を
選んだため、柔らかくめくりやすくなっています。
また全体の軽さにも繋がっています。
見返しにもこだわった紙をつかってます。
やわらかい
もちろんスピン(しおり)もついています。
スピン
そして、さらなる職人泣かせの背表紙への箔押し。
表紙に箔押しするのは後工程でも出来るのですが、
背表紙にやるとなると、製本工程の途中になり、
また納期が・・・。
でも、やってみてよかったです。
シンプルな分のっぺりとした表情に
なりかねない上製本ですが、このワンポイントで
ぐっと引き締まったと思います。
好きな本と一緒に本棚に並べても
きっと素敵になると思います。
箔押し 
オーダーのリングノートは、
中紙が入れ替えられるので、
メモなど雑記帳としてもおすすめしていますが、
こちらの上製本ノートは、「書き残す」ことに
是非使っていただきたいです。
 
 
是非店頭で手にとって見てくださいね。
 
 
—————————————————-
製品名:   カキモリの上製本ノート
サイズ:   A5タテ、ヨコ
ページ数:  50ページ
価格:    2160円 (2015/10/12
職人人件費や材料のコスト上昇により 改訂しました)
販売開始日: 2013/10/12
—————————————————–
 
 
カキモリ 広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone