お待たせいたしました。
 
オーダーノートのつくりかた 第6回 「製本する」 です。
 
カキモリのノウハウでは?と思ってしまいますが、
お店でも見えるようにしており、つくる過程も
知っていただいた方が楽しいと思いますので、
余すことなく書きたいと思います。
 
①部材を揃え、注文する
棚
 
部材をそろえる
これまでの「つくりかた」に沿って部材を棚からとり、
スタッフに注文内容を伝えていただきます。
 
確認したら、さっそく製本作業にとりかかります。
 
②リング製本する
リング製本
アメリカのリング製本機です。 
とてもシンプルな機能で、分かりやすい機械ですが、なかなかの曲者です。 
3ヶ月~半年に1回修理に出すので、
カキモリではバックアップ用にもう1台用意しています。 
 
実は初号機は、2回修理したものだったのですが、この前の
故障はドライブシャフトの破損という修理不能になり、引退することになりました。
現在新しいものを取り寄せ中です。
 
アメリカでは、大学の売店などに置かれてるらしいです。
レポートの提出数が日本と比べ物にならないので、
自分で印刷、製本し、製本するとのことです。
 
こつさえ掴めば、簡単にできるようになっています。
カキモリでも、今後ノートを自分でつくる、ワークショップを
企画しようと思っています。 
穴をあけるリングをとめる
話がそれてしまいました。 
本題ですが、穴をあけて、リングを綴じます。
ここまで約2分程度です。
 
③留め具をつける
封緘部材
封緘
ふうかん出来上がり
今回は封緘タイプを例にします。
留め具はトンカチやハトメをつかって手作業でつけています。
「トントン、カンカン」とお店に音を響かせつつ、約2分程で
取り付けます。
  
④出来上がり
これでオーダーノートの完成です。
とても簡単じゃないか? 
と思われるかもしれませんが、その通りです。
 
カキモリのこだわりは、実はこの製本工程よりも、
部材にあります。
  
薄い紙と厚い紙を貼り合わせる。
革を染色する。
布をくるみ製本する。
正確な大きさに断裁する。
罫線を印刷する。
部材として並ぶ前までのこの工程は、
とてもカキモリでは出来ません。
 
カキモリの周りには、江戸時代からの名残で、
これらの工程を支える下町の町工場が減ってきては
いるものの沢山あります。
 
この職人の方々にお願いして、カキモリの部材を
作ってもらっています。
 
また留め具につかうハトメやゴムなどの部材も、
蔵前周辺に問屋が集まっており、すべて近所で
部材を揃えています。
 
カキモリのノートはよく安いと言っていただけます。
それは、この職人の方々の協力によって支えられています。
是非、とっておかず、使いこんでいただきたいと願っています。
Šî–{ CMYK
 
これで「カキモリのオーダーノートのつくりかた」が
一通り終わりました。 
 
もうひとつカキモリのオーダーノートの大事な点は、
ノートの中紙が入れ替えられる点です。
 
最終回として「中紙を入れ替える」をアップします。
そこで今後の展開などもちょっと書きますね!
お楽しみに。
 
カキモリ 広瀬
 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone