前略カキモリより
201502
(予約終了しました。)
 
 
3月号のオズマガジンは「手づくりがたのしい!」特集です。 
 
オズ
 
蔵前も大きく取り上げており、カキモリも
インクスタンド、職人との繋がり、
月イチ蔵前の3記事取り上げて
いただいております。
 
是非ご覧くださいね。 
 
今回のオズマガジンでは、月イチ蔵前を大きく
取り上げており、各社いつも以上に
気合の入ったイベントになってます。 
 
一覧
  
カキモリのイベントは、初めて取り組むワークショップになります。
 
書く
 
ワークショップ名: 相手のことを思い、ガラスペンで手紙を書く。
開催日時: 2015年3月7日 11:00, 12:30, 14:00, 15:30 各回1時間 4名 予約制
場所: SOL’S COFFEE  東京都台東区蔵前3-19-4 カキモリから徒歩3分
費用: 2000円(SOL’S COFFEE 1ドリンク、カキモリオリジナル便箋10枚、封筒3枚が含まれてます。)
 
予約方法: (予約終了しました。)
 
内容: 
カフェで、おいしい自家焙煎のコーヒーを片手に、
ガラスペンで相手を思いながら手紙を書く。 
 
なんか素敵だけど、ガラスペンの使い方や、
手紙の書くコツも分からないし、
インクに合う紙を探すのも大変。 
  
そんな思いをかなえるワークショップを企画しました。 
 
インクスタンドの試筆でも利用している、tetohiのガラスペンを使い、
カキモリのブレンドインクで、手紙をしたためます。
 
はじめに、手紙を書くための基本、文字を美しく見せるコツ、
ガラスペンやインクの使い方などをカキモリのスタッフが
ご説明します。 
 
少し練習をしてから、実際に手紙を書いてみましょう。 
 
恋人に、親友に、ご両親に、子供に。
もしくは将来の自分に。
感謝の思いや、何気ないその日の思いでも、
湧き出た気持ちを綴ります。 
 
きっと喜んでもらえる1通が出来上がります。
 
そして、手紙の基礎知識も自然と身につき、
また書いてみよう思っていただけたら、と
思っています。 
 
 
カキモリ 広瀬
 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2015-2-14 19:47 | お知らせ, イベント情報
昨年も出店した阪急うめだの「文具の博覧会
  
 
カキモリ
昨年のカキモリのブースです。
   
沢山のお客様にご来店いただいたおかげで、
今年も声がかかり出店することになりました。 
 
  
——————————————————————–
日程: 3月18日(水)~3月24日(火)
場所: 阪急うめだ本店 9F 祝祭広場
イベント名: 文具の博覧会2015春 ペンの魅力再発見
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html/#syukusai
——————————————————————-
 
今回は、カキモリと同じブースで、
軽井沢の素敵なペンマイスターが一緒に出てくれます。
  
その3社で、ひとつのテーマをつくりました。
  
「書くときを、とっておきの時間に。」
 
ポスター
カキモリはオーダーノート(B6サイズのみ)、
オリジナル万年筆、ローラーボール、インクの
販売を予定しております。 
 
なお、現在カキモリではオリジナル万年筆が品切れと
なっており、3月21日に入荷予定ですが、阪急うめだ分で、
30本はオーダーが入っており、3月18日から阪急うめだでは
販売いたします。 30本分がなくなった際は一時的に
品切れとなりますが、3月21日は入荷する予定です。
  
インクスタンドも木、金曜日のみ、
ワークショップ形式で予約制で行います。
———————————————–
3月19日(木) 13:30,14:00,14:30,15:00
各回定員4名様  
参加費:1色 1620円 (お一人様2色まで)
お渡しは当日午後6時以降
————————————————
となります。 
 
ご予約は阪急本店10階文具雑貨マルシェ
06-6313-9634 
までお願いします。
(3/17 まだ空きがあるようです)
  
 
また、今回は限定品を2点だします。
  
10年ほど前、大阪に3年程住んでいました。
その中で印象が強く残っている色やイメージは、
やはり阪急電車の素敵なワイン色と、クラシカルな
コンコース。 
   
この2色を、カキモリなりにとらえ、インクと表紙を
つくりました。 実際の色の再現性よりも、
そのイメージと、使ったときのことを考えて色を
作りました。  
   
 
・限定色インク concource  (限定40本)
concourse
旧阪急梅田駅コンコースの暖かくクラシカルな灯りをイメージして
作りました。 インクを多いと、壁面のような少し茶色がかった色に、
細字などでインクが少なめだと、より灯りに近いイメージになります。 
 
 
・限定色表紙 maroon (潤沢にあります)
ノートとインク2
 
電車の実際のマルーン色は、もう少し赤みが強く紫に近いと思いますが、
落ち着いたイメージが強かったので、少し赤茶に近いかもしれません。
留め具との相性なども考え、この色にしてみました。
  
是非店頭でご覧くださいね。
 
一緒に出てくれる2人の素敵な作家さんもご紹介します。
 
スティロアート 
スティロアート
木が本来持つ美しさを活かし、万年筆やボールペンを
1本ずつ丁寧に作っています。 
とても人気のある方で、催事を待ち望んでる方も多いと思います。
  
  
  
  
tetohi
 
tetohi
インクスタンドの試筆用で使っているガラスペン。
その美しさと下記心地は他に類をみません。
1ヶ月20本しか作れない希少品です。
  
  
カキモリ 広瀬
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2015-2-6 19:06 | お知らせ, イベント情報

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


NEXT     PREVIOUS

ページトップへ戻る