前略カキモリより
201110
現在発売中のPenの別冊「real tokyo guide 2012」に掲載されました。
 
江戸と東京が交差するイーストトーキョーへ という特集
ページで、新しいお店の一つとしてカキモリを取り上げて
いただきました。
 
表紙 のコピー
 
もの作りをベースに、蔵前、御徒町エリアを中心とした
「カチクラ」エリアに、若い人たちが集まってきています。
デザイナーと職人とお店。
利益最優先ではなく、モノを手に入れて使って喜んでもらうことが
第一に考えている人ばかりです。
 
だから、お店通しはライバルではなく、一緒に町を盛り上げていく仲間。
そんな新しい人たちを暖かく応援jしてくれる地元の職人、住民。
 
ある意味、日本人の一番いい部分であり、これから目指すべき
方向なのかなとも思います。
 
もちろん目指すは世界にも発信していく力を持つこと。
決して内向きではない、新しい下町がつくられつつあると
感じます。 
 
カキモリもこの一員として、さらに勢いまして頑張ります!
 
中
 
カキモリ 広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-10-27 18:14 | メディア掲載
10月21日~23日まで開催する、
東東京のモノづくり&デザインを発信するイベント
SPEAK EAST」に参加します。

明日21日はオープニングパーティーで、
目玉はOZ magazineの編集長×東京R不動産×主催者のコケットさん
のトークセッション!
場所などはHPで確認してくださいね。
 
カキモリは受付担当で入り口にいます。
 
おそらく相当な人で入場制限するかもしれないので、
早めにいらっしゃってください。
 
カキモリはノートの部材を作ってもらっている町工場や
機械の写真を展示します(簡単な写真ですが)
カキモリ 広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-10-20 20:13 | イベント情報
10月19日 15:35~15:45
J-WAVEのランデブーでカキモリが登場します!
カキモリの店主 広瀬が、お店の
コンセプトやこれからのことなど、
たどたどしく語ります。
J-WAVEが入らない方は
radikoでJ-WAVEが
ネット経由で聞けます。
 
機会があったら是非聴いてみてくださいね!
 
カキモリ 広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-10-18 19:04 | メディア掲載
表紙
徳間書店 GoodsPress 別冊
「ニッポンの新オドロキ文房具」に取り上げていただきました。
中
 
とっておきのセレクションノートということで、カキモリの
オーダーノートを載せていただいております。
 
最近、文具を特集した雑誌が非常に増えている気がします。
IT化に伴い、より文具にこだわる傾向になってきたと思います。
 
ITと文具をうまく使い分けたり融合することが大事で、
一時期いわれたようにもう文具の時代は終わったという
ことではないと確信しています。 
 
カキモリはITを否定したり、対立するのではなく、
文具にしか出来ないことを提案していきたいと
思います。
 
カキモリ 広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-10-13 16:46 | メディア掲載
長らくお待たせいたしました。
ようやく日本製のガラスペンがようやく入荷がきまりました。
 
沢山問合せをいただいており、何とかならないか、
別のものですがとうとう来ました! 日本のガラスペン。
しかもデッドストック。
 
全体
 
大きさは約14cmで一般的なペンと同じぐらいです。
 
軸もガラス製ですが、中が空洞のガラスで全体的には
軽くなっています。
 
ペン先
 
ペン先は、もちろん日本製で、非常にインク持ちがよく
驚くほど滑らかです。 
 
このペン先がどこで作られたものか現在調べています。
 
絵
 
今日いらっしゃったお客様にサンプルを試していただいたところ、
スラスラとあっという間に絵を描いてくれました。
インクを一度つけただけで、ここまで書けます。
さすがの日本製ですね!
 
そして、ちょっとくすぐるのが、この箱
箱
 
何でもない透明プラスチックの箱と思いきや、
なんともいえないレトロ感が溢れています。
 
「Produced by SAILOR 1990 Made in Japan」
 
万年筆大手のセーラーさんがプロデュースしています。
今はもう作られていないデッドストックです。
 
今回、40本ほど入荷予定しております。
是非店頭でお試ししてみてくださいね!
 
金額は 1260円です。
サンプルはすでに置いてあるのですぐ試せます。
ご来店お待ちしております。
 
カキモリ 広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-10-7 15:06 | お知らせ, 筆記具

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


NEXT     PREVIOUS

ページトップへ戻る