前略カキモリより
201102
オープンして3ヶ月経ち、ようやくお店が少しずつ落ちついてきたので、
いよいよ商品企画に力を入れていきたいと思います。
 
特にオーダーノートで色々検討しています。
 
こちらはマスキングで表紙にアクセントを加えてみました。
倉敷意匠のマスキングを置いておりますので、ちょっと
見たことがない感じのができると思います。
お店で色々種類置いてあります!
 
マスキングノート
 
まだ耐久性などを検証中ですが、こんな感じでリングを両端に
だけつけることも間もなくサービスを開始します。
リング部分のテープはリネンのテープでマスキングとは一味違った風合いになります。
特殊リング 全体
 
ページを開くとこんな感じになります。実は実用的にも優れていて、
リングノートは、360度開けるというメリットの反面、左ページを書くときに
リング部分が邪魔になるということがあるのですが、これでこの方法で
かなり解消されます。 
特殊リング
 
オプションは現在ゴムひもか封かんなのですが、スケッチブック風に
こんな感じにつけるのもいいなと思っています。
蝶々結びにするとかわいいですよね。
MOKUBAのリボンを色々用意できたらいいなと思っています。
付け方など検証中ですので、サービス開始したらまたアップします。
スケッチブック風 
他にも、布張りの表紙や、革の表紙など色々実験中です。
ご期待ください!
広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-2-25 14:02 | お知らせ, オーダーノート
枻出版さんの「ブラン」という雑誌の3月号にカキモリを掲載して頂きました。
 
IMG_0002 
「仕事が楽しくなる文房具のススメ」という特集の中の
「自分仕様にカスタマイズする文房具」のコーナーでカキモリのオリジナルノートを
取り上げて頂きました。  
 
↓こちらが掲載頂いたページです。   
画像の右下部分です!
見えづらくてごめんなさい(><)
 
IMG_0001 
前回のブログにも紹介致しましたが、読売新聞さんに掲載して頂き、
沢山のご反響を頂きました。 
遠い所からお電話にてご注文頂いたり、ご意見を頂いたり・・・。  
ありがとうございます。  
 
色んなご要望の元、現在、オリジナルノートのカタログを検討しております。 
完成しましたら、ブログでもご案内させて頂きます。 
 
よろしくお願いします♪ 
 
Chiba 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-2-16 16:44 | メディア掲載
チャルカの商品を入荷しました。
0116 044
自分たちが欲しいもの、使いたいもの、あったらうれしいもの、他にないもの。それがチャルカ印のオリジナル文房具の出発点だそうです。
0116 051
チェコやハンガリーの東欧の文化を取り入れた商品が可愛いです。
実際に東欧のラッピングペーパーをレターセットに加工したりしてます。
個人的に、ちょっと気になる商品がこちらです↓
0116 059
チェコやハンガリーで見つけたヴィンテージ生地を使った文房具入れです。
中はポケットで仕切られているので整理もしやすいです。
なんと、カキモリのB6サイズのノートがぴったり入ります♪
お気に入りの万年筆と一緒に持ち運びができちゃいます♪
数量限定ですので、お早めに!
chiba
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-2-10 18:42 | お知らせ, セレクト文具
110207 読売新聞
今朝の読売新聞さんにカキモリの載せていただけました!
 
カキモリのその場で出来るオリジナルノートサービス
を取り上げていただきました。
 
記者の方のお話では、台東区や墨田区でなどで、
時代の流れで廃業してしまった店舗や工場に、
新しいアトリエショップやギャラリーが出来ていることに、
これからの新しい町の形を感じるとおっしゃってました。
 
カキモリの場所も元々は看板屋さんが20年くらい
工房として使っていた場所で、リノベーションして
今のカタチになりました。
 
文具屋という古い業態ではありますが、新しいカタチで、
ワクワクする楽しい場にしていきたいと思います。
 
広瀬琢磨
 
 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-2-7 14:05 | メディア掲載
原稿用紙って最近使っていませんよね。
 
なんとなく懐かしく、でも使わないよなーと思っていたのですが、
気になっていたのでちゃんと調べてみました。
 
てっきり、昔ながらのB4サイズで決まったものしか
ないと思っていたのですが、カキモリからも近所の
浅草の原稿用紙専門店「満寿屋」にお伺いして、
色々みせていただいたらこんなに素敵なものがありました。
①原稿用紙の一筆箋(ハガキサイズ)
一筆 表紙
4つのタイプがあります。 どれも、目立ちすぎず、でも個性のある
デザインです。 淡い色で薄めなデザインのため罫線にとらわれず、
大きな字で書いても良いですね!
一筆 中の大きさ
②B5サイズの原稿用紙 (100枚入り 420円)
B5 表紙
良く目にしたB4よりも最近はむしろB5のこのサイズの方が重宝されるとの
ことです。 作家の方も、書斎でじっくりというよりもカフェとか旅行先でとか、
アクティブに動くのでこのくらいのサイズの方が良いみたいです。
  
B5表紙
罫線も4タイプあり、色も形もとてもかわいいです。 カキモリでは一枚単位でも
販売しますので、手紙の便箋としても是非使ってほしいです。
 
B5 面白罫線
横型にも使えるような罫線もあります。 どの原稿用紙にも信頼の満寿屋の印刷。
知ってる人にとっては価値が高いものなので、手紙でおくったら「ほぉー」となるかも。
 
満寿屋http://www.asakusa-masuya.co.jp は明治時代から続く紙屋「舛屋」で
原稿用紙のブランドとして立ち上がりました。 以来川端康成、司馬遼太郎など、
名だたる人に愛用されてきました。 作家ごとに特注の罫線を作成してきており、
その中の一部が現在の商品となっています。
 
B4の大きな原稿用紙で書く機会はなかなかないと思いますが、
気軽な一筆箋やB5サイズはいかがでしょうか?
 
広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-2-4 14:22 | お知らせ, セレクト文具

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


NEXT     PREVIOUS

ページトップへ戻る