前略カキモリより
201101
カキモリとして是非お客様に見ていただきたい商品を
セレクトしたいと日々思ってます。
 
シンプルで実用的で作り手の思いが詰まっている商品、
そんな文具を探してます。 そして、そういう商品はデザイン
も美しいことが多いです。
  
今回お店に大きく置かせてもらったのが、
倉敷意匠さんの商品。
http://www.classiky.co.jp/
使ってみるほどに、作り手の試行錯誤が感じられます。
またすばらしいのが、作る現場とデザイナーが密接で、
日本の町工場で丁寧に作られています。
 
今ではメジャーなマスキングも、倉敷意匠はずっとやってます。
マスキング
付箋や郵送封筒など事務用品にもデザインを。
ドロップアラウンド
 
ちょっとしたお礼のカードだからこそ、ちょっと可愛くて懐かしさもあるデザインで。
カード
 
お店のセレクト商品売り場の3割ぐらいが倉敷意匠さんの
商品になりました。 他にも沢山ありますので是非
実に来て手にとってみてください。
 
広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-1-30 19:14 | お知らせ, セレクト文具
一冊一冊が違った表情をもつ、パピエラボ×ハイタイド=「PH」のノートをご紹介します。
目をひかれる微妙な色あい。この色みは、活版印刷で表現されています。
iromi
 
紙と活版印刷のプロダクトを展開しているパピエラボ。
気の利いたデザインで機能性の高い文房具を作り続けている
ステーショナリーメーカーのハイタイド。
両者が得意分野をもちよってできたブランドが「PH」です。
コンセプトは、量産品の均一さと手仕事の質感を残した
プロダクトとクラフトの間のノート、とのこと。
表紙には存在感のあるロゴ。
kappanlogo
使いやすいB6サイズの小さめノート、製本方法はしっかりした糸とじ。
アメリカ製の芯材でできた表紙は、かなり丈夫です。
破れたりしにくいので、味わいを育てていくことができます。
中の紙は、その名も「画王」。描画専用紙で、裏移りの心配もないようです。
irotenkai
色はグレー/オレンジ/ライトブルー/ライトグリーンの4色。
同じ色展開のメモパッドもあります。
大きいノート(B5)はブラックとブラウンの2色。こちらも渋い仕上がりになっています。
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-1-26 19:21 | お知らせ, セレクト文具
1冊から作れるオーダーノートですが、色々次の展開を
考えています。 表紙の種類や大きさももっと増やして、
自分好みの素材や大きさに出会えるように、改善したいと
思います。
今のサービス内容になるまで作ってきたサンプルノートも、
次の展開にいくために、場所もないから捨てなきゃだと
思っているのですが、ちょっと寂しいのもあるので
ブログにアップします。
最初は本当にノートが作れるの?という形からスタートしました。
110123ノート試作
 
オプションサービスも2転3転。封緘ははじめは四角でした。
ふうかん
 
紐も色々試しました。今はシンプルな色ですが、増やすべきか悩み中です。
ひも
   
お客様からの意見を大切にし、新しいアイデアの練って
いきたいと思ってます。 色んなご意見お待ちしています!
 
広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-1-23 13:09 | お知らせ, オーダーノート
お店のこと、随時お知らせしていけたらと思います。
こんな商品がほしいというリクエストや、ご意見などありましたらお気軽に!
http://twitter.com/kakimori_krme
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-1-21 11:54 | お知らせ
先日(12月25日)のこのブログで、
お客様のご提案で作った「2冊を1冊にまとめたノート」の記事がありました。
今回はさらに「3冊を1冊にまとめたノート」のご紹介です。
正面から見ると何の変哲もありませんが…
0116_008
横から見るとこんなふうになっています。
ノートの途中に表紙の紙が挿入され、区切られています。
0116_007
中紙も、最初は無地、次はドット模様、最後はクラフト紙、と変化があって
なかなか表情豊かなノートになっていませんか?
開いた状態とうしろ姿はこんな感じです。
0116_010
0116_011
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2011-1-19 18:11 | お知らせ, オーダーノート

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る


NEXT     PREVIOUS

ページトップへ戻る