<新商品 9/8 sat.発売>
インクスタンドのローラーボール

カキモリの姉妹店 インクスタンドから、
オリジナルのローラーボールが発売となります。

9月8日(土)より、カキモリ・インクスタンドそれぞれの店頭、
またオンラインストアでも同時に販売開始です。


2018年4月に販売を開始したインクスタンドオリジナル万年筆と同じく、
黒マットに仕上げた細身のペン軸には、
中に入れたインクを確認することができる丸窓があいています。

☆インクスタンドオリジナル万年筆については、こちらをご覧ください。


カキモリのローラーボールと同様に、
インクスタンド、またはカキモリオリジナルの顔料インクでお使いいただけます。


スマートなデザインは、使用するシーンを選ばない魅力があります。

ペン先はボールペンですが、万年筆用のインクを使用するため、
インクのにじみや濃淡が味わえるのがローラーボールの楽しいところ。

カキモリとインクスタンド、
お好きなデザインをお選びくださいね。



インクスタンドのローラーボール
2018年9月8日(土)発売
 製造国: 日本(ペン軸)
 ペン先: 0.5㎜
 付属品: コンバーター(ヨーロッパタイプ)、スポイト、カップ
 価格 : 3,240円(税抜 3,000円)

 ☆ kakimori / inkstand Online Store

カキモリ 牧野
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2018-9-8 10:58 | お知らせ, オリジナル製品, 前略カキモリより

<新商品>
オリジナルインクに新色が登場します。
kakimori mix color “Piano”の発売。

お客様からご要望を多くいただいていた黒いインク。

「黒」といっても、どんな黒色がカキモリらしいのか…
考えつづけてきましたが、やっとその色が見つかりました。

「Piano」と名付けたカキモリの黒インクが、7月3日(火)から販売開始となります。



“窓辺に佇む漆黒のピアノ。
ほのかな光を映した譜面台は、
静かに奏者を待つ。”


一般的な黒インクに比べると、わずかに青みを感じる、上品な色です。


どんな色にしようかと考えたとき、赤みを感じる黒、緑を感じる黒と、
いくつか候補となる色がありました。

実は、スタッフの中では、わずかに緑を感じる黒が1番人気だったんです。

しかし、せっかくオリジナルの黒をつくるなら、他にない色がいい。
やわらかい色味の黒インクは多く存在するから、
ハッとするほどの真っ黒がつくりたい。

そんな思いで選び直していったところ、
発色の良い、極めて濃い黒インクができあがりました。


凛としていて、涼やかな印象を受けるところから、
「Piano」という名前と、そのイメージが膨らんでいきました。


製図やスケッチの主線としても使いやすい色になったと思います。
また、顔料インクは耐水性があるため、水滴がついても文字が滲まず、
大事な仕事の書類にも最適です。

———————————–


〇 カキモリの顔料インクについて

現在ほとんどの万年筆用インクは水性染料です。
 
発色に優れメンテナンスが容易な水性染料インクは、
一方で退色しやすく水に弱いという欠点も知られています。

本顔料インクは、「詰まりやすい」「乾いたら洗浄しづらい」などデメリットがあった水性顔料インクにあえて挑戦し、
顔料絵具のプロである「ターナー色彩株式会社」と、「詰まりづらい、混ぜられる万年筆用水性顔料インク」を開発しました。


◎顔料インクは染料インクに比べて、耐水性に優れています。
少しくらいの水でもインクがにじまず、手紙の宛名書きでも問題ありません。
乾いたら定着するので、線を描いた上から水彩絵の具で着彩をすることもできます。
  
◎顔料インクは染料インクに比べて、耐光性に優れています。
一般的に書いた文字などが、染料インクよりも長く保たれます。
もちろん、暗所に保管した方が長い間保たれます。
  
◎顔料の色が外から見やすくなるため、インクの色がはっきり見えて、
色の使い分けの際にも直感的に手に取れます。

【ご注意点】
・カキモリ及びインクスタンド以外でお求めいただいたペンに、カキモリオリジナルインク、またはインクスタンドの顔料インクを使用した場合の不具合等は保障致しかねます。
・顔料インクは乾燥すると固まり、水で洗浄するのが難しくなります。 
・カキモリで購入いただいたペンでインクが乾き詰まってしまった場合は、
カキモリにてお預かりし専用の洗浄液で超音波洗浄も承ります。(有償324円)
・その他利用方法や注意点の詳細は商品付属の注意点をご確認ください。


お問い合わせ:
ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくカキモリまでご連絡ください。
TEL : 050-1744-8546
MAIL : kakimori.kuramae@bungu.co.jp

カキモリ 牧野
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2018-6-26 15:42 | お知らせ, オリジナル製品, 前略カキモリより

〈カキモリ蔵前・高崎〉
ローラーボール(0.5mm) 2月3日(土)販売再開します。

1月26日より欠品していたカキモリ ローラーボール0.5mmですが、
2月3日より販売再開いたします。

現在最終の検品およびパッキングをしており、
明日のオープンより間に合わせるようにいたします。

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

今後なるべくこのような事が起きないよう、
メーカーとの連携を深めてまいります。

カキモリ 広瀬
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2018-2-2 19:15 | お知らせ, オリジナル製品, 筆記具

〈カキモリ蔵前・高崎〉
ローラーボール(0.5mm)一時品切れのご案内
2月中旬入荷予定 0.7mmは在庫ございます。

大変申し訳ございませんが、カキモリオリジナルのローラーボールの0.5㎜が、
本日2018年1月26日をもって品切れいたしました。

ドイツの製造メーカーからの入荷が大幅に遅れており、
現在、2月中旬位の入荷を予定しております。
なるべく早く再開できるよう調整してまいります。 

入荷時は再度本ブログにてアップいたします。

また、ローラーボールの0.7mmに関しましては在庫はございますので
お買い求めいただけます。
お客様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
今後は在庫量を増やし、欠品が起きないよう
努力してまいります。

カキモリ代表 広瀬琢磨
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2018-1-26 15:59 | お知らせ, オリジナル製品, 筆記具

〈カキモリ高崎 限定オリジナルインク〉
上毛三山の色、3色販売スタート。

みなさま、こんにちは。
今回は、限定インク発売のお知らせです。

12月12日より「カキモリ高崎」にて
群馬の山にちなんだ、限定インクの
販売が始まりました。
全3色、顔料タイプとなっております。


Myogi(黄)、Akagi(赤)、Haruna(青)
※実際の色味とは多少異なって見えます。

価格: 各色 1,944円(税込)
内容量: 33ml


美しい山を色に例えて…

赤城は赤、妙義は黄、榛名は青。

群馬では、運動会の組分けでも
山の名前が登場するようです。

群馬出身のカキモリ代表 広瀬が、
こんなことを言っています。


小さな頃の「色の思い出」は、
やはり運動会のハチマキでしょうか。

「赤城頑張れ!」
「妙義走れー!」
「榛名引っ張れ!」

と当たり前のように赤、黄、青を
山の名前で叫んでいました。
 
そして、赤城は赤い、妙義は黄色い、榛名は青いと
今でも思い込んでいます。
 
カキモリ高崎のみで販売する限定インクを作ると決めて、
この3色をもう一度私達なりに捉え直しました。
結論としては、やはりハチマキの色分けは正しかったと
思いました。
 
日常でも使いやすく少し落ち着いた色合いに仕上げています。

3方を山に囲まれた美しい景色を、文字を書きながら
ふと思い出していただければとても嬉しいです。




小さな頃から、自然が持つ「色」に触れて、
山に色があると誰もが思っているなんて
素敵ですね。 

カキモリのスタッフがそれぞれのインクで
山を描きました。
代表の広瀬も、群馬出身のカキモリスタッフも
なんだかとても嬉しそうでした。


Myogi 妙義

遠目でも一目で分かる
妙義山。

日の光を映した、
その荒々しい岩肌と、
紅葉前の木々とが相まり、
山全体が黄金色に色づく。




Akagi 赤城

もみじで赤く染まった山々、
社に繋がる朱塗りの橋、
湖までも赤く見える季節。

力強さを感じる赤城だが、
足を運べば
包み込む優しさを感じる。




Haruna 榛名

(さらに…)
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2017-12-14 16:05 | お知らせ, オリジナル製品, インク
« BACK

ページトップへ戻る