ラウシャのガラスペン(カキモリ オリジナルガラスペン)販売開始します。

(現在品切れです。ドイツの職人の怪我により入荷未定 2015/9/17)
 
現在カキモリでは、tetohiのガラスペンを取り扱っています。 
 
すばらしいガラスペンで、個人的には世界一のガラスペンだと
思ってます。しかし、精度が非常に高く、1日1本しか作れないため
価格もある程度高くなってしまいます。 
 
カキモリとしては、もう少し気軽なラインでシンプルで
書き心地の良いガラスペンも欲しくて、
昨年よりtetohiの藤田さんと相談しておりました。
 
そして今回、藤田さんが修業した旧東ドイツのラウシャ村の
ガラスペン職人に製造してもらうことになりました。  
その背景としてドイツのガラス加工の職人も、
仕事が減り、単価も下がる中で工房ごとやめてしまうところも
増えてきて、その技術と伝統を続けていく
のが難しくなってきている状況もあります。 
 
美しいラウシャのガラス、確かな技術を残したいという
藤田さんの思いと、カキモリの思いが重なり今回のガラスペンができあがりました。 
 
とうめいかん
ラウシャのガラス特有の透明感ある色を活かしています。
 
かく2
ガラスペンは一般的に長いものが多いのですが、
これは万年筆くらいの大きさです。
実際に書いてみると、緊張せず普通の万年筆を
書いてる時の感覚で書くことができます。
少し太めな筆記線ですが、滑らかな書き心地です。
 
3ほん
凛とした中にかわいさも感じます。シンプルだけど特徴的なという
カキモリの曖昧な依頼に見事応えてもらいました。
ねじったり、色を多用するガラスペンとは真逆なコンセプトです。 
見たことがない独創的なガラスペンですね。
  
ぷれぜんと
  
カキモリのオリジナルインクと合わせて
プレゼントにしてもとても喜ばれそうです。
  
※箱は、インクとセット用のこのタイプのみになります。
ガラスペンのみの購入でもこの箱になります。  
  
 
カキモリとインクスタンドでお試しいただけます。
是非手にとって見てください。
 
————————-
商品名: ラウシャのガラスペン(カキモリ オリジナルガラスペン)
販売開始日: 2015年5月16日
価格:  11000円(税込 11880円)
ペン先: 中字
デザイン: tetohi 藤田素子
製造:  ドイツ ラウシャ村
メンテナンス:カキモリでご対応します。ペン先
破損時などは有償でペン先交換などの対応をいたします。
在庫: 初回は各色7本製造しております。
売切れの際は入荷までお待ち願います。
 
 
カキモリ 広瀬
 
 
 
 
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2015-5-15 19:18 | お知らせ, オリジナル製品, 筆記具

カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法

カキモリのオリジナルローラーボールについて、
・色を変えたい
・インクがうまく出ない
・カリカリ音がする
というお問い合わせを良くいただきます。
 
万年筆用インクを使うボールペンで、基本的に
万年筆と同様の書き方やメンテナンスが必要になります。 
また、万年筆用インクは一般的なボールペンのインクに比べ
粘度がかなり低いため、多少ペン先の摩擦音などが出る場合も
ございます。
 
少し癖のあるボールペンですが、美しい色をボールペンで
使える楽しさもあるので是非ご一読願います。
  
————
問題点: カリカリ音がする、インクフローが悪い
 
原因① 書くときに立てて書いている可能性があります。 
たてる
特に漢字圏では習字の影響からか立てて書く方が多いようです。 
このペンは立てて書くとインクがしっかりでず、ボールの摩擦音で
カリカリ音がしたり、文字がかすれたりします。
45ど 
写真のように約50°位に傾けて書くと滑らかに書けます。
普段より少し遠めに持つと傾けやすいです。 
 
 
原因② ペン先、ペン芯が乾いてしまった。
万年筆も乾かないようにできるだけ毎日使う必要がありますが、
このペンも同じように毎日少しだけでも使い、ペン先が
乾かないようにしてください。 
 
カキモリで色々試したところ、復旧には下記の方法が
一番適していると現状では判断しています。
  
・プラチナ 万年筆インククリーナーキット
(ヨーロッパサイズ専用 1260円 ICL-1200E)を使い洗浄する。 
基本的には説明書通りの流れで大丈夫です。 
せんじょうキット 
説明書通りに、水100mlで洗浄液を薄めます。 
ぺんさきいれる 
ペン先のみを入れて1日置きます。 外したコンバーターは水洗いで十分です。
すぽいとですすぐ
ペン先をスポイトで、軽く洗浄してください。 この際、あまり洗いすぎると、
ボールの滑りを良くする成分が流れてしまうので、1-2回程度の水の出し入れで十分かと思います。 
みずけをトル
しっかりと乾かします。完全に乾かすのはなかなか難しく、
ティッシュなどを軽く当て水気を取っていくのもよいかと思います。 
カク
インクをコンバーターから入れて、ゆっくり書き始めます。
最初は水分や洗浄液の残りが出てきてかなり薄く出てきます。
あまり焦らず、ティッシュで水分をとったり、軽く書いてみたり、
そのまま1-2日置いておくと、水分が飛んできて徐々に本来の
インクの色になります。 
また、強く振ってみると水分が出てきてインクが
ペン先に到達するのが早くなります。その際ペン先から
インクが飛び出しますので、ティッシュなどを
当てて振ってください。
 
  
インクの色を変えたい場合も同様に洗浄して、新しいインクを
入れてください。 
 
————
問題点: 購入した直後から、50°位傾けて書いてもカリカリ音がする。 
  
原因①: 初期不良
ペン先の初期不良の可能性があります。大変申し訳ございませんが、
ホームページの「カキモリへお便り」からメール、もしくは直接電話でご連絡願います。
ペン先の交換を念頭に対応いたします。 
 
原因②: インクとの相性
インクを薄めてたり、薄く淡い色だと粘度が低くなり
問題が発生しやすい事例があるようです。 
また黒に近い色のものですと乾きやすく、詰まりやすくなります。 
洗浄しても改善しない場合はインクとの相性の可能性もあるので、
インクの色を変えていただくか、カキモリまでお問い合わせください。 
 
————-

備考: 
万年筆用インクを使うローラーボールは、国産メーカーは作っておらず、
本商品はドイツのOEMメーカーで製造しております。 
基本はカートリッジ式ですが、カキモリでコンバーターを装着し、
スポイトやカップをつけることでインクボトルを使えるようにしました。
 
色々問題もありますが、インクボトルをボールペンで使えるという
楽しさを是非体験いただき、問題点は皆さまからの情報もいただきながら
少しずつ対応していきたいと思います。 
 
 
カキモリ 広瀬
 
  
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2015-5-15 17:49 | お知らせ, 筆記具, インク

カキモリのローラーボール 販売開始しました。

ink stand by kakimori がオープンして3週間。
 
本当は一緒に販売開始したかったのですが、
テスト期間を取り、スタッフが各自の
インクを入れて試してきました。 
 
ようやく販売準備が整い、9月27日より販売開始しました。
 
全体
美しく、多彩な万年筆インクを使いたい。
でも気軽なボールペンのように使いたい。
その気持ちはとても良く分かります。 
 
ドイツのペンメーカーが万年筆インク用ボールペンを作っており、
今回カキモリ用に作ってもらいました。
 
3本色が見える
シンプルな透明軸で、インクの色が見えることで、
デザインのアクセントとなります。
 
もちろん、インクスタンドで自分でつくった色の
インクを入れて使うのも楽しいです。 
  
このボールペンはインクフローがよく、太めな
筆記線になるので、いつもよりゆったり書くときの
方が向いているかもしれません。
ロゴ
カキモリのロゴはさりげなく入れてみました。 
 
コンバーター 瓶
インクを入れるときは、コンバーターで直接吸い上げます。 
 
コンバーター カップ
 
瓶のインクが減ってきて、コンバーターが届かなくなったら
付属のスポイトでカップに移し吸い上げます。 
  
面倒といえば面倒かもしれませんが、
きっとこの時間がたのしくなってきます。
 
使い方はもちろん販売時にも説明し、インクの
充填まで行えますので、ご希望の方はお申し付けください。
全体 2 
.
オーダーインクと、ローラーボールで合わせても
3348円なのでプレゼントなどにも最適です。
 
カキモリでもインクスタンドでも試せますので
是非ご来店の際は試し書きをしてみてくださいね。 

——————————————————————————–
商品名: カキモリのローラーボール(万年筆インク専用ボールペン)
製造国: ドイツ
付属品: コンバーター(ヨーロッパタイプ)、スポイト、カップ
適合カートリッジ: ヨーロッパタイプ(ロングタイプも可)
価格: 1728円
販売開始: 2014年9月27日
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2014-9-30 17:32 | オリジナル製品, 筆記具

美しきガラスペンの世界

今では工芸品として、その美しさに目がいきますが、
かつては事務作業にまで使われていた、
実は使い勝手も良いペンです。 
 
カキモリでは、軽井沢のガラスペン職人 
藤田素子(てとひ)さんの作品を扱っています。 

旧東ドイツのガラスの村で修行し、確かな加工技術、
洗練されたデザイン、そしてドイツの美しいガラスにより、
他に類をみないガラスペンが仕上がっています。
 
3色 
Luft(空気)  税込 29160円(2016年10月価格改定)
ベーシックなデザインですが、織り成す色合い、透明感が本当に美しいです。
 
 
水
Bach(小川) 税込 24840円(2016年10月価格改定)
小川の流れをイメージし、緩やかにひねりが入っています。
 
  
用いているドイツのガラスは、かなり硬めでペン先の仕上げが難しいのだそうです。
ただ、硬い分使っていて削れてくることがほとんどありません。
また、ちょっとの衝撃では折れたりかけたりもせず、ペン置きにそのまま
置いておくような使い方でも大丈夫です。 
 
万が一落としたりしてかけてしまった場合も藤田さんに届ければ
ペン先を修理(一度カットして新しいものを溶接する)などが可能です。 
 
インクつける
ガラスペンの使い方は意外と簡単です。 
ペン先全体をインクに浸し、ペン先にたまったインクは少し
瓶の淵で落とします。 
インクは万年筆用をお勧めします。 
 
書く
そして、万年筆と同じようにボールペンよりも少し遠めの
位置でもち、少し寝かせて筆圧をかけず書きます。 
 
ガラスペン独特の紙質を感じる書き心地を味わえます。
万年筆とも異なる、気持ちと本質的に直結するような書き心地と
言えるでしょうか。 
 
一度つけたインクで便箋1枚は悠々と書き続けられます。
 
洗う
 
使え終えたら水に浸せばインクが流れ落ちます。
やわらかい布などで拭けば、これでメンテナンスは終わりです。
  
他の色のインクをつけて、また書き出すのもいいでしょう。
 
万年筆よりも早く、簡単に他の色に変えられます。
ガラスペンの魅力は、ここにもありそうです。
手紙や日記が奥行きの深い万年筆のインクで綴ることが
出来ます。 手紙をもらったとき、日記を見返したとき、
そのときの気持ちが文字と色で現れます。
 
手紙や日記を自宅で書く、というときには
最適なペンと言えます。
 
弱点としては携帯性。 持ち運びには不向きです。 
カフェでガラスペンとインクを取り出してというのは
限られたカフェになりそうです。 外では万年筆がいいですね。 
 
ガラスで文字が書ける。
単純ですが、それが一番の魅力です、
是非お店で試してください。
 
 
カキモリ 広瀬
 
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2014-4-25 18:34 | お知らせ, 筆記具, インク

カキモリのオリジナル万年筆ができました。ブレンドインクも全色再販売開始です。

昨年、オリジナルブレンドインクと一緒に出す予定だったのですが、
遅ればせながらようやくオリジナル万年筆が出来上がりました。
2014年1月10日より販売開始します。
 
ペン全体
 
品名:  カキモリ 透明軸の万年筆
メーカー: セーラー万年筆
ペン先:  ステンレス 中細字(MF)
付属品: コンバーター 透明感付
価格:   3240円 (税抜 3000円)
 
ベースはセーラー プロフィットJr 透明感で、
こちらの金属部分を金色で作ってもらいました。
 
ペン先
リング部分
 
ペン先にはセーラー万年筆の「いかり」マーク、
リング部には「kakimori」と万年筆でくるくる書いた
筆跡を刻印しています。
 
ペン先の太さは、中細字という中字と細字の中間位のものです。
固めの書き味ですが、滑らかにカリカリと書けます。
 
細めなため、手帳から普段のノートにも使いやすそうです。 
 
3色
 
万年筆はインクの入替えはもちろん出来ますが、
ちょっと面倒なときもあります。 
3本にそれぞれ好きな色を入れておいて、
その日の気分に合わせて万年筆を選んだり、
手紙を2,3色で書いたりするのも良さそうです。
 
首軸部分も透明なので外からみても色が
よく分かります。
 
全体イメージ
 
カキモリのオリジナルブレンドインクは少量で沢山の色を
用意していますので、是非一緒に使ってみてくださいね。
 
箱入り
 
透明軸の万年筆とオリジナルインクをセットでお求めの方には、
専用の箱をサービスいたします。 
 
万年筆(3240円)とブレンドインク(890円)をセットで
4130円(税込)になりますので、初めての万年筆や、
プレゼントにも最適ですね。 
 
なお、ほとんど品切れだったブレンドインクは準備が整い、
1月10日に全色販売再開します。 
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。
  
ご来店の際は是非お手にとって試してください。
 
カキモリ 広瀬
 
Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone
2014-1-10 18:15 | お知らせ, 筆記具

ページトップへ戻る